【自信は5分で取り戻せる】落ち込んだ時5分で自信を取り戻す習慣3選

こんにちは!

あつきです!

今回は落ち込んだ時5分で自信を取り戻す習慣について解説します!

落ち込んでいる女性
落ち込んでいる女性

最近失敗ばかりで落ち込む…

落ち込んでいる男性
落ち込んでいる男性

今朝の失敗を夜になってもまだ引きずってる…

落ち込むことが多い方必見です!

5分で取り戻す方法①:紙にひたすら感情を書き出す ”ジャーナリング”

ジャーナリングとは、思いつくことを思いつくままに、ノートや紙に書き出す方法です。頭の中、心の中にあるものを、すべて吐き出すことが目的です。効果についてはこんなミズーリ大学の研究結果があります。

「大学生49人に情動的に重大だと思ったことについて、二日間連続で2分間書いてもらったところ、学生たちはただちに気分が良くなり、生理的健康状態の標準測定で成績が上がった」

参考:サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法

たったの2日に2分書いただけで気分が良くなり、健康になっています。

試しに僕がやったものを載せておきます。

出した書類にいっぱいダメ出しされた時のやつ(2日分)

こんな適当な感じで大丈夫です。頭悪そうですよね笑

字は書いた本人が読めさえすればいいので、これくらいのきれいさで問題ないです。

ただし、注意点があります。

  • 何も思いつかないときも手を止めない(何も思いつかないと書く)
  • こんなネガティブなこと書いていいの?と思ったことほど書く
  • 必ず書いた紙を見返して、自分の考えを俯瞰する
  • 手書きで行う

書きなぐる気持ちで行うことが重要です。

ジャーナリングした言葉をあとからチェックして、

僕・私はこんなことを思ってたのか!案外たいしたことないかも!

と思えれば最高です!

ぜひとも試しに2分感情を書きまくってみてください!

5分で取り戻す方法②:鏡に映る自分を励ます

自分が落ち込んでいるときは鏡に映る自分を褒めることをオススメします。

鏡に映る自分はひどく落ち込んでいます。助けてあげたいですよね?

目の前の大事な人を慰めて、元気にしようという思いで行うことが大事です。

  • 茶番だと思わず、真剣に励ます
  • 大事な人(恋人や家族、友人)を元気にするつもりで励ます
  • ゆっくり&はっきり伝えるように励ます

さらに励ましたあとに笑顔になると脳内でドーパミンが分泌されて幸福感が高まります。

笑顔がどれほといいかはドイツのオットー・フォン・ゲーリケ・マグデブルク大学のミュンテ博士らの研究があります。

【実験内容】
被験者たちを2グループに分け、

①箸を縦にして口に加えさせ、痛みを我慢しているような表情を作らせたグループ

②箸を横にして口に加えさせ、笑顔と同じような表情を作らせたグループ

両者のドーパミンの分泌量を測定

【結果】
②笑顔と同じような表情を作らせたグループのほうが、ドーパミンの活動が活発化し、幸福感ややる気が高まった

ドイツのオットー・フォン・ゲーリケ・マグデブルク大学

このように笑顔には幸福感を高める効果があります。

自分を励まして笑顔にして元気を取り戻しましょう!

5分で取り戻す方法③:ストレッチや運動する

ご存じの通り、単純に運動するのは落ち込んだ気持ちを回復させるのに有効です。

しかし、一体何をすればいいのか?

激しい運動は続かないし、きついし、ストレッチは効いてるかわからないし…

そんなあなたにこちらの動画のようなストレッチが特におすすめです!

鈴木孝佳さん(@takasuzuki1123)が紹介しているストレッチになります。

詳しく説明されていますのでぜひ見てください。

効いている場所がここなら大丈夫!ということも教えてもらえるので安心です。

呼吸に集中するのでその間は何も考えずにできて、継続すると体調も良くなるという優れものです!

参考になった方は他のストレッチも見ていただければと思います。

わずか数分で体が熱くなってスッキリして、活発な気持ちになれますよ!

まとめ:5分でくよくよしない自分になれる

今回は5分で落ち込みから立ち直る方法を解説しました!

今回の3つ(ジャーナリング、鏡の自分を励ます、ストレッチ)全部やっても5分でできます!

5分で落ち込みから立ち直って、自信を取り戻していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です